2013年3月 のアーカイブ

お花見

2013年3月26日 火曜日

今年は早目の桜の開花。

春らしくなってきましたね!!

昨日の日曜日、雨は降らずまあまあの天気でしたが「花見」に行ってきました。

桜って日本の花だと思ってたんですが他の国々でも咲いてるんですね。

でも、「花見」のように桜の下でお酒を飲んだりするのはやっぱり日本独特の習慣みたいです。

そもそもは武家貴族の人たちが梅や桜の下で歌を詠んだのが始まりであり、農民が豊作のために桜の木の下に神酒を供えたのが始まりな

のだそうです。

話はそれましたが、まあまあの天気のなかけっこうな人たちで賑わっていました。

なかには外国人の方たちだけのグループもいくつかあり、日本の「花見」文化が外国人の方にも良いと思ってくれているのかな。

今回はそんなことを思った「お花見」でした。

今週末まで桜はもつかな・・。

中村

春!

2013年3月25日 月曜日

先週からお出ししている春の前菜を紹介します。

稚鮎とホタルイカのフリットです。
どちらも春が旬の食材です。ホタルイカは、ちょっと甘めのミソがたっぷりと入っていて、稚鮎はほろ苦い
あじが特徴です。
春野菜と共にセモリナ粉をつけ、油でカリッと揚げ、爽やかな香りのライムを添えました。
スパークリングワインとの相性は抜群だと思います。

2013年3月23日 土曜日

こんにちは黒岩です。
だんだん暖かくなり気持ちのいい季節になってきましたね!
桜も満開ですね〜今週末は花見で行楽地はにぎわいそうです
そして食材からも春を感じますね
先日仕込みで菜の花を切っていたら懐かしい香りが・・・
自分が小さい頃家のとなりが菜の花畑で、その中を友達と遊んで菜の花まみれになっていたあのころを
思い出しちゃいました。香りって記憶に残りますよね〜

素朴≠洗練ではなく、洗練→素朴

2013年3月15日 金曜日

いやはや、まだまだ寒いにも関わらず、花粉に嗅覚を患っております。上原です。
沖縄出身である僕は上京して5年目になり、ついに今年完全なる花粉症と成りました。
花粉症の方達はこんなにも毎年この季節に苦戦していたとは、一種の発見でもあります。

そんななか、最近観賞した映画です。
『イル ポスティーノ』
イギリスの監督、マイケル ラドフォード氏の作品です。
イタリア、カンパニア州ナポリ湾のカプリ島でのお話。
祖国チリを追われカプリ島へ身を寄せた詩人とその詩人の家へ郵便物を運ぶポストマンのお話。
とても寡黙なポストマン、彼は詩人の影響で自らの想いを言葉へと乗せてゆきます。
静かで穏やかで素朴な映画です。でも、それをすごく新しい価値だと感じるのです。
んん、なにを言おうとしたのか分からなくなってきました。
ともあれ、素朴≠洗練ではなく、洗練→素朴というケースもあるのだと思ったのです。
機会がありましたら、ご鑑賞ください。
上原 一徹

相思相愛

2013年3月11日 月曜日

料理を考えるときにいつも大切にしていることは、○旬の食材をどのように調理するのが良いのか?

また、○他の何の食材と一緒に合わせるのが、互いの良い部分を引き出すのか?

必ず考えます。

しかし、それほど深く考えなくても、相思相愛の食材の組み合わせがあります。

例えば今の時期だけ、一緒になれる食材。

頭のミソが最高に美味しいホタルイカと、ほろ苦い味がたまらない菜の花の二つです。

前菜としてシンプルにオリーブオイルで合えてお出ししても美味しいですし、

パスタとして、フレッシュトマトと一緒に食べても美味しいです。

いよいよ花粉の季節

2013年3月10日 日曜日

3月に入り、暖かくなってきました。

少しずつ春の陽気を感じますね。

そして、数日前からジワジワと花粉の季節がやってきました。

今年は花粉の「当たり年」のようで、花粉の量は例年の3~7倍だとか・・・。

一度花粉症になると治すのは難しいようで、花粉をいかに抑えるかが重要みたいです。

花粉症に効くツボもあるようで、眉と眉の間を押すと鼻づまり・目のかゆみ・頭痛などに効くようです。

花粉症は免疫力の問題なので、チーズ・ヨーグルトなどの発酵食品を食べると整腸効果があり免疫力が高まり、にんにく・トマト・ぶどう(ポリフェ

ノール)なども免疫力を高めるのに良いそうです。

実は花粉症にはイタリアンがいいのかも(笑)

これからしばらく続くであろう花粉の季節。

花粉症でお悩みの方に少しでも役にたてたらなと・・・。

参考にしてみてください。

ちなみに僕は花粉症じゃないんですけどね(笑)

中村

2013年3月7日 木曜日

花粉症の方には、きつい季節になりました。お久しぶりです。今年から花粉症ぎみの柿沼です。

食材はすっかり春の物にかわって来ている今日この頃ですが、ちょっと面白い料理を考えたので紹介させて
 
頂きます。

<牡蠣を詰めた焼きラビオリ 菜の花のソース>
牡蠣を丸ごとパスタ生地で包み、ソース合えるのではなく香ばしくフライパンでソテーしました。
菜の花のソースはラビオリの下に流しました。

香ばしい香りと、菜の花のほろ苦い味が良くマッチした一皿になりました。

ショウガのちから

2013年3月2日 土曜日

こんにちは黒岩です。だんだん暖かくなり春が近づいてますね!

ところで昨年の年末に家でジンジャーエールを作りシェフに味見してもらったところ好評で3月からメニューに加わることになりました。

しょうがと数種類のスパイス、黒糖のこくで深い味わいに。
ソーダやスプマンテで割りアペリティフとして是非どうぞ!